スポンサードリンク

産経オンライン英会話 中学生向け学校教科書準拠カリキュラム・教材

産経オンライン英会話 中学生向け学校教科書準拠カリキュラム・教材

  • 産経グループの産経オンライン英会話では、中学生向けに学校で勉強した文法を使用して、外国人の先生とマンツーマンで英会話のレッスンができる「学校教科書準拠」の英会話教材とレッスンを提供しています。
  • 目と耳を使って学習した英語は、話す練習をして話せるようになります。
  • 英会話ができるようになりたい中学生の皆にオススメです。
テキスト開発者について


 

斎藤裕紀恵 先生

  • 株式会社Y&S Visionary 代表取締役
  • これまでに取得した資格 TOEIC990点、英検1級、国連英語検定特A級、通訳ガイド英語
  • コロンビア大学大学院日本校にて英語教授法で修士を取得
  • 英会話スクールで幼稚園児から大人まで指導、予備校で受験生指導
  • 英語教育のコンサルティング
  • 早稲田大学、明治大学、獨協大学で英語を指導
  • グローバルセミナーの企画・開催
  • 現在はテンプル大学博士課程にて研究活動

 

テキスト 学校教科書準拠の特長

 

特徴1 CEFRレベルを参考に作成
  • CEFR(Common European Framework of Reference for Languages)とは、ヨーロッパで生まれた言語学習の参照枠です。
  • その特徴の一つであるレベル別リストはコミュニケーション能力のインディケーターとして日本の英語教育にも多く取り入れはじめています。

 

特徴2 文科省の学習指導要領の内容に準拠
  • 中学生の英語学習の具体的な目標は次のとおりです。
  1. 初歩的な英語を聞いて話し手の意向などを理解できるようにする。
  2. 初歩的な英語を用いて自分の考えなどを話すことができるようにする。
  3. 英語を読むことに慣れ親しみ、初歩的な英語を読んで書き手の意向などを理解できるようにする。
  4. 英語で書くことに慣れ親しみ、初歩的な英語を用いて自分の考えなどを書くことができるようにする。

 

特徴3 フォニックス(アルファベットと音の関係)学習を導入
  • 英語には日本人には発音できない音がたくさんくあります。
  • 例えば lemon (レモン)という単語の 「l」 という発音や、rice (ライス) という英語の「r」という発音などです。
  • 日本語にはない音を学習するために、それぞれのアルファベットがどのような発音となるのかを覚えることが大変重要です。
  • フォニックス学習により英語の実際の音を聞くことによって覚えて、話すことにより英語の音に親しむことが英語の勉強の最初の段階では大切です。
  • フォニックスで勉強した規則は、のちに英語を読む時にも役立ちます。

 

中学1年生 テキストの内容
  1. 自己紹介と挨拶①
  2. 自己紹介と挨拶②
  3. 出身地と国の名前①
  4. 出身地と国の名前②
  5. 身のまわりの物①
  6. 身のまわりの物②
  7. 時間と曜日
  8. 好きなスポーツ
  9. 朝の食事
  10. 数についての質問と答え
  11. 日常生活について
  12. 好きな音楽について
  13. 値段についての質問と答え
  14. 命令や許可を求める表現
  15. できることとできないこと
  16. 家族の紹介①
  17. 家族の紹介②
  18. 持ち物について
  19. 月と誕生日
  20. 今日の天候・好きな季節
  21. さまざまな動作
  22. 動作についての質問と答え
  23. 週末について
  24. 夏の思い出
  25. 色々な質問の聞き方・答え方

 

中学2年生 テキストの内容
  1. 休日の出来事
  2. 昨日のこと①
  3. 家族やチューターの過去のこと
  4. 昨晩のこと
  5. 昨日のこと②
  6. 週末の天気
  7. 来週の天気
  8. 休暇の予定
  9. 来週の予定
  10. いろいろな意見
  11. 家にあるもの
  12. 近所にある建物
  13. 自分の好きなこと
  14. 将来の夢
  15. 買い物
  16. 電話の会話
  17. 友達へのプレゼント
  18. くらべてみよう①
  19. くらべてみよう②
  20. 色々なものの紹介
  21. 色々なものについて尋ねる
  22. 自分の経験について
  23. 他の人の経験について
  24. 私の気持ち
  25. 今日の夕食

 

中学3年生 テキストの内容
  1. 生まれについて
  2. 誕生日パーティ
  3. 自分のことと趣味
  4. 相手のことと趣味
  5. 訪れた場所
  6. 完了したこと
  7. 病気や症状について
  8. ペットとニックネームについて
  9. 自分のものについて
  10. 先生について
  11. 初対面の友達と友達の紹介
  12. パーティの報告と物の説明
  13. 学校の授業について
  14. 人にしてもらいたいこと①
  15. 人にしてもらいたいこと②
  16. 物の使い方
  17. 夏の予定
  18. 道案内に関する表現
  19. 買い物中の会話
  20. 週末の天気
  21. 意見を言う
  22. 忙しい一日
  23. 電話での会話
  24. お誘いと待ち合わせ場所
  25. レストランで

 

先生について
  • 先生の採用については、公式サイトでは比較的よく記載されていますが、先生の国籍、人数などはあまり説明していません。
  • 先生の国籍は、フィリピンが多いようです。
  • 公式サイトの先生一覧によると240名前後います。

 

料金・チケットプランについて

 

料金プラン
  • 料金プランは、ライフスタイルに合わせて選べる定額制です。
  • 月額会費だけで、入学金や教材費は無料です。
  • 全てのレッスンは、レッスンレポート付きですので、先生からの講評がサイトのマイページに届けられます。

 

毎日25分プラン
5,980円 1レッスンあたり 193円

 

毎日50分プラン
9,800円 1レッスンあたり 158円

 

週末毎日50分プラン 金・土・日
5,980円 1レッスンあたり 213円

 

チケットプラン

 

プラス1チケット
追加レッスン1回 700円

 

プラス30チケット 
追加レッスン15回 4,300円

 

プラス15チケット
追加レッスン30回 7,315円

 

プラス45チケット
追加レッスン45回 10,800円

 

無料体験レッスンについて
  • 産経オンライン英会話で無料会員登録をすると、無料でレッスンが2回受講でき、さらに特典として「虎の巻」が贈呈されます。
  • 虎の巻は、英会話が上手になるためにダウンロードして使うシリーズものです。
  • 無料会員登録をするには、公式サイトの会員登録のページにアクセスし、フォームに入力して行います。

 

 

産経オンライン英会話の公式サイトはこちら

 

講師 主な料金 無料体験
レッスン
国籍不明
230人以上
1日1回25分
月額 5,980円
2回

スポンサーサイト