スポンサードリンク

産経オンライン英会話のビジネス英会話・英語

このページでは、産経オンライン英会話のビジネス英会話・英語を紹介します。

 

ビジネス英会話や英語の必要性は、痛いほどわかっているが、実際に勉強することができない方は多くいます。

 

その理由は、時間が思うように取れない、近くに適当な教室がない、お金もかかりすぎるなどです。

 

オンライン英会話なら、早朝から深夜まで、自宅でレッスンを受けられるし、費用も通学型の英語教室の数分の1です。

 

そのオンライン英会話の中でも、産経新聞グループの産経オンライン英会話をおすすめします。

 

その理由は、以下をお読みください。

 

 

 

産経オンライン英会話の基本情報

 

 

  • 講師
  • 主な料金
  • 無料体験レッスン

 

公式サイトはこちら 産経オンライン英会話

 

産経オンライン英会話の特徴

  • 産経オンライン英会話は、あの産経新聞グループ3社の共同事業ですから安心。
  • 英会話ビギナーから上級者までニーズに合わせて勉強できる無料テキストを揃えています。
  • 採用率が5%の優秀な講師を採用しています。
  • 産経オンライン英会話は、基本的にはビジネス英会話のスクールです。

 

 

産経オンライン英会話のビジネス英会話

 

産経オンライン英会にのビジネス英会話には、レベル別に4つのコースがあり、中上級の75レッスンを除いていずれも100レッスンです。

 

ビジネス英会話の料金 (税別)

 

  • 毎日25分プラン 5,537円/月
  • 毎日50分プラン 9,074円/月
  • 週末毎日50分プラン 5,537円/月

 

1. ビジネス英会話 初級 計100レッスン

 

対象レベル

初心者~英検3級
TOEIC 350点未満程度

 

目的

自己紹介や簡単な会話、お願いをするための表現を理解し、海外からのゲストを案内できるようになる。

 

こんな方にオススメ
  • 英語や英会話は学生時代から不得手だったが、これからビジネスで必要になりそうな方。
  • ビジネスの場面の表現を話ながら、基礎の基礎から勉強したい方。
  • 普段は英語を話すことはないが、時々外国と人の行き来がある方。
  • 難しいビジネスの話はしないが、海外からのゲストに失礼なく対応したい方。

 

レッスン数、標準的な学習期間

100レッスン  標準学習期間1年 (1回25分、週2回受講の場合)

 

テキスト・教材



 

2. ビジネス英会話 初中級 計100レッスン

 

対象レベル

 

英検3級、準2級
TOEIC 350点~500点程度

 

目的

ビジネスの場面で見られる身近なフレーズや表現を話して、職場内での日常会話に対応できる力を体得する。

 

こんな方にオススメ
  • 海外からのゲスト対応、電話対応、依頼、海外への出張など、国内の職場の中での各種シチュエーションに備えたい方。
  • これから英語や英会話がビジネスで必要になりそうだが、長い間勉強していない基礎を復習しながら、ビジネス場面の表現も学習したい方。

 

レッスン数、標準的な学習期間

100レッスン  標準学習期間1年 (1回25分、週2回受講の場合)

 

テキスト・教材



 

3. ビジネス英会話 中級 計100レッスン

 

対象レベル

 

英検2級
TOEIC 500点~750点程度

 

目的

ビジネスの場面で、パターン化したシーンだけでなく、ミーティングの場で意見を交わす、理由を言うなど柔軟な応対ができる知識や表現力を体得する。

 

こんな方にオススメ
  • ビジネスの会話で、一般的な事柄であれば相手の言っていることは大体分かるが、さて対応となると滑らかに話せない、言った表現が適切か間違っていないか不安な方。
  • どうにかやっている外国人との会話に自信を持ちたい方。

 

レッスン数、標準的な学習期間

100レッスン  標準的な学習期間 1年 (1回25分、週2回受講の場合)

 

89レッスンはダイアログ&練習問題 の形式  (A2までと同様の形式)
11レッスンは記事を読んでの先生とのディスカッション形式

 

テキスト・教材


 

4. ビジネス英会話 中上級 計75レッスン

 

対象レベル

 

英検2級~準1級
TOEIC 750点~程度

 

目的
  • ミーティングやプレゼンなどの場で、自分が主体となってディスカッションを進め、自信を持って発言できるようになる。
  • ビジネスレターの読み書きができるようになる。

 

こんな方にオススメ
  • 会議の取りまとめや、表やグラフを使ってのプレゼンテーションをしなければならない方。
  • 英語のビジネスレターやメールをしなければならない方。

 

レッスン数、標準的な学習期間

75レッスン  標準的な学習期間 9ヶ月 (1回25分、週2回受講の場合)

 

41レッスンはダイアログ&練習問題の形式
42以降(計34レッスン)はビジネス文書や図表を読み取っての先生とのディスカッション形式

 

テキスト・教材


 

 

産経オンライン英会話の公式サイトはこちら

 

産経オンライン英会話の概要はこちら


スポンサーサイト