オンライン英会話 おすすめの子ども英会話 比較してここ選ぶ!

オンライン英会話の子ども英会話は、どこのスクールをおすすめで選んだらよいか悩む・・

 

文部化科学省もどんどん子どもの英語教育を強化させているこの頃、さすがに子どもにも英会話を習わせないと思っているお母さん、お父さん。

 

オンライン英会話があるらしいと聞いてはいるが、どんなものかと悩んでいませんか?

 

それよりも、オンライン英会話でぜひ子どもを勉強させたいが、どこのスクールがよいのかの悩みのほうが切実ですね。

 

なにしろ、オンライン英会話はたくさんのスクールがありますし、どの学校のホームページを見ても何が何やら、どうしたらよいか分かりませんね。

 

確かに、そもそもオンラインで英会話の勉強をどうやってするのかも全くイメージが浮かばないのでは?

 

その気持ちわかります。

 

何とかインターネットで検索やメールくらいはできますが、それ以上のことはさっぱりですしね。

 

それを自分の家のパソコンで、どうやったら外国人講師の先生と自分の家の子どもが一緒に英会話のレッスンができるのか?

 

チョット次の動画を見てみてください。

 

 

この動画は、子どもオンライン英会話のリップル・キッズ・パークのビデオです。

 

自宅で、子供がノートパソコンを使って外国の先生とレッスンをしています。

 

当然、パソコンの設定などが必要になりますが、これらはスクールに入学する前の無料体験レッスン申込みをするとスクールのサポート係員が説明してくれますのでその通りにすれば大丈夫です。

 

向こうも入学してもらうには、パソコンの設定が必要なのでとても親切にていねいに説明してくれます。

 

このときの対応が親切、ていねいでない場合は、そんなスクールはこちらから選ばないようにしましょう。

 

問題は、無料体験をしようとする子ども英会話のスクールをどう選ぶかです。

 

このご覧になっている私のサイトでは、一般的な日常英会話のスクールを客観的データに基づいてランキングしておすすめを紹介しています。

 

残念ながら、子供オンライン英会話については、まだ、データも揃っていませんのでおすすめランキングを作成できていません。

 

そこで、私なりの子供オンライン英会話のスクールの選び方についてご説明します。

 

子供向けオンライン英会話には2つのタイプがあります。

 

大きく言って、子供を対象とするオンライン英会話も2つのタイプがあります。

 

  1. 子供向け専門スクール
  2. 一般向けスクールの中に子供向けコースがあるもの

 

また、子どもは次のようなグループ分けができます。

 

  • 幼児
  • 小学生
  • 中学生
  • 高校生
  • 帰国子女

 

子ども向け専門スクール

 

子ども向け専門スクールとは、スクール自体が子ども用オンライン英会話として設立されているものです。
私が把握している中では次のようなものがあります。

 

 

一般オンライン英会話の子供向けコース

 

DMM英会話などの一般向けオンライン英会話スクールの中には子どもに向けたコースがあります。

 

すでに、レアジョブ英会話などに入会している場合は、雰囲気や予約の仕方なども分かりますので、かえって良いかもしれません。

 

 

私ならこう選ぶ、子どもオンライン英会話スクール

 

私なら、子供向け専門スクールが優先です。

 

私なら、やはり子供向け専門スクールを優先したいですね。
大人向けの一般英会話スクールでは、講師、カリキュラムの点からもやはり片手間のような気がします。

 

次に、自分の子供のグループが勉強できるスクールを3つ~5つくらい選び出します。
料金が気になる方は、料金も考えて選び出します。

当サイトのスクールの掲載順はランキングではなく、ランダムです。

 

そして、無料体験レッスンを次々に受けてみます。
無料体験レッスンはお金がかかりませんので気楽です

 

最低3つくらいは受けたほうがよいと思います。
無料体験レッスンした中で、一番良さそうなものに決めましょう。

 

ただし、入会した後でもなんか気に入らなければ別のスクールに乗り換えましょう。
料金は月額が多いし、新しいスクールも入学金など無いのが普通なので、嫌なスクールにしがみつく必要はないです。

 

一般オンライン英会話の子供向けコースも選択の余地あり

 

私なら子供向け専門スクールを優先しますが、例えばご自分がすでにDMM英会話などの一般向けスクールに入会中などであれば、講師、予約、テキストなどの勝手がわかっていますので、この選択もありだと思います。

 

子供が喜んでオンライン英会話のレッスンが受けることできればいいからです。

 

ただ、あまり子供が喜ばないようだと、子ども専門オンライン英会話に移るほうが良いかもしれません。


スポンサーサイト


ページの先頭に戻る