スポンサードリンク

オンライン英会話 EFイングリッシュライブ 東京2020オリンピックでオフィシャルパートナー就任と業種別接客英会話・英語について

オンライン英会話スクールのEFイングリッシュライブが、来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのオフィシャルパートナーとなりました。

 

東京オリンピックのスポンサー制度

 

オリンピックには、世界の各企業がスポンサーとなっていますが、実はこのスポンサーにも3つの段階があります。

 

1 IOCのワールドワイドオリンピックパートナー
  • コカ・コーラ (ノンアルコール飲料)
  • アトス (情報技術)
  • ダウ・ケミカル( 化学製品)
  • ゼネラル・エレクトリック (エネルギー、インフラ、照明、輸送他)
  • マクドナルド (食品小売)
  • オメガ (時計、計時、採点システム)
  • パナソニック (音響・映像機器)
  • P&G (家庭用品)
  • サムスン (無線通信機器)
  • ビザ (クレジットカード他決済システム)
  • ブリヂストン (タイヤ、免震ゴム、自転車)
  • トヨタ (モビリティ)(2017年から)

 

2 ゴールドパートナー
  • 日本電信電話株式会社 (通信サービス)
  • アサヒビール株式会社 (ビール&ワイン)
  • キヤノン株式会社 (スチルカメラおよびデスクトップ・プリンター)
  • 日本電気株式会社 (パブリックセーフティ先進製品・ネットワーク製品)
  • 富士通株式会社 (データセンターパートナー )
  • JX日鉱日石エネルギー株式会社 (石油、ガス、電気供給)
  • 東京海上日動火災保険株式会社 (損害保険)
  • 日本生命保険相互会社  (生命保険)
  • 野村ホールディングス株式会社 (証券)
  • 株式会社アシックススポーツ用品 (スポーツアパレル及び競技用具)
  • 株式会社みずほフィナンシャルグループ (銀行)
  • 株式会社三井住友フィナンシャルグループ (銀行)
  • 三井不動産株式会社 (不動産開発)
  • 株式会社明治 (乳製品・菓子)
  • 株式会社LIXIL (住宅設備部材&水回り備品)
  • 株式会社ブリヂストン (タイヤ、免震、自転車(電動・モーターアシスト除く))

 

3 オフィシャルパートナー
  • 全日本空輸株式会社 (旅客航空輸送サービス)
  • 日本航空株式会社 (旅客航空輸送サービス)
  • 東京ガス株式会社 (ガス・ガス公共サービス)
  • ヤマトホールディングス株式会社 (荷物・輸送サービス)
  • 日本郵政株式会社 (郵便)
  • セコム株式会社 (セキュリティサービス&プランニング)
  • 綜合警備保障株式会社 (セキュリティサービス&プランニング)
  • 株式会社読売新聞東京本社 (新聞)
  • 株式会社朝日新聞社 (新聞)
  • 株式会社日本経済新聞社 (新聞)
  • 株式会社毎日新聞社 (新聞)
  • TOTO株式会社 (水回り備品)
  • 三菱電機株式会社 (エレベーター・エスカレーター・ムービングウォーク)
  • 味の素株式会社 (調味料、乾燥スープ、アミノ酸ベース顆粒、冷凍食品)
  • KNT-CTホールディングス株式会社 (旅行業務およびナショナルトリップホスピタリティーサービス)
  • 株式会社ジェイティービー (旅行業務およびナショナルトリップホスピタリティーサービス)
  • 東武トップツアーズ株式会社 (旅行業務およびナショナルトリップホスピタリティーサービス)
  • キッコーマン株式会社 (ソース(しょうゆ含む)、酢、みりん、料理酒)
  • 株式会社エアウィーヴ (寝具)
  • 東京地下鉄株式会社 (旅客鉄道輸送サービス)
  • 東日本旅客鉄道株式会社 (旅客鉄道輸送サービス)
  • イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパン株式会社 (EFジャパン)

 

森喜朗東京オリンピック組織委員会会長のコメント

 

EFイングリッシュライブが東京オリンピックのオフィシャルパートナーとなった際の森喜朗東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長コメントは次のとおりです。

 

このたび、EFジャパン様をオフィシャルパートナーとしてお迎えできることになりました。
2020年に世界中から訪れるたくさんの選手や観客に対するおもてなしのため、東京2020大会を支えるスタッフやボランティアへの語学教育は組織委員会にとって重要なミッションの一つです。
過去のオリンピック大会で語学サービスを提供してきた経験と実績を持つEF様は、東京2020大会を語学教育の面でサポートしていただくにあたりこれ以上ないパートナーです。
このサポートを得て、2020年を機に日本全体の英語力の向上につなげていきたいと思います。

 

EFイングリッシュライブの東京オリンピック対応について

すでに、EFイングリッシュライブでは、今年1月から東京都教育庁が実施する「東京都オリンピック・パラリンピック教育推進支援事業」と連携したEFの語学プログラムをスタートさせました。

 

実施対象は、東京都内の公立小学校、中学校、高等学校です。

 

プログラム名は、次のとおりです。

  • 「オリンピック精神を英語で学ぼう」
  • 「TOKYO2020:グローバル市民とは?英語スピーチ・トレーニング・キャンプ」

 

今後、オリンピックが近くなるに連れて、子どもはもちろん、海外からのオリンピック関係者、観客のおもてなしのために次のような方々を対象として語学対応プログラムをしていくものと思われます。

  • オリンピック大会ボランティア
  • オリンピック大会関係者
  • ホテルなどの宿泊接客
  • タクシーなどの交通機関接客
  • レストランなどの飲食店接客
  • デパート等のショッピング接客
  • 観光地接客
  • 病院などの医療関係接客

 

今から、EFイングリッシュライブに入ろうかなと検討される方は、入会する前にとりあえず無料体験レッスンをしてみましょう。

 

 

EFイングリッシュの内容や詳細を知りたい方は公式サイトをご覧ください。

 

EFイングリッシュライブの公式サイトはこちら

 

業種別接客英語・英会話の対応について

 

ただ、ボランティアやオリンピック関係者の英語対応プログラムはEFイングリッシュライブでも対応できると思います。

 

しかし、タクシーやホテルなどの業種別接客対応英語・英会話は専門としているマイチューターや産経オンライン英会話などのスクールの方が適しているのではないでしょうか。

 

マイチューターの職業別接客英語・英会話はこちら

 

産経オンライン英会話の職業別接客英語・英会話はこちら


スポンサーサイト