スポンサードリンク

医学生のための英会話と英語を学習するならオンライン英会話

このページでは、医学生のためのオンライン英会話について紹介しています。

 

医学を勉強している学生の方でも、英会話が苦手な方はいらっしゃると思います。

 

英語の読み書き自体は、ある程度できるのですが、会話となるとまず聞き取れないし、話せない。

 

そんな方には、オンライン英会話で勉強すると、英会話に時間が割けない方でも楽に英会話ができるようになります。

 

 

 

医学生は英語が話せない?

 

医学生ならば、英語が話せて当然じゃないの?

 

しかし、現実はそうは話せないのだそうです。

 

医学生は、高学歴で厳しい入学試験も突破しているので英語は読み書きがある程度できますが、会話となるとそうでもない・・・

 

英語でカルテを記載し、論文を読めるのに英会話ができないのです。

 

つまり、学会などで海外に行くことは多くても、ビジネスマンのように英語でコミュニケーションを取らなければならない機会はそうでもないからです。

 

このことは、TOEICで高スコアを取っても、英語を話せない人がいるのと同様です。

 

医学生にとっても、英会話は世界で活躍するためのパスポート

 

日本は、空前のグローバル化に直面しており、インバウンドで訪日外国人も多くなっています。

 

これだけ外国人が日本に増えると、病気になったり、怪我したりする人も多くなり、病院や診療所にも来ます。

 

当然、英会話で診断し、治療することになります。

 

また、海外の病院、大学で研修をしたり、勤務する機会も格段に増えてきます。

 

英会話ができなければ、苦労するというより、思うどおりに医師として活躍できなくなるわけです。

 

医学生のための英会話はどんな勉強をしたらいいの?

 

なんでもそうですが、医学生の自分が何のために英会話を勉強するのか考えてください。

 

英語を勉強するにしても、その目的が、英語で議論したい、英語で論文を書きたい、プレゼンテーションを英語で上手にしたい、患者を英会話で診察・治療したいなどで変わってきます。

 

それぞれの目的も大切ですが、それに必要なスキルを考えてみてください。

 

  • 英語で議論したいなら、リスニングとスピーキング。
  • 英語の論文なら、ライティング。
  • プレゼンテーションならスピーキング。
  • 患者の診察・治療なら、リスニングとスピーキング。

 

ほとんど、リスニングとスピーキングが必要なことがおわかりでしょう。
つまり、コミュニケーションを取るならリスニングとスピーキングが大切なのです。

 

いきなり医学用語を駆使したリスニングとスピーキングではありません。

 

まず、一般的な日常会話ができるようになり、その後に専門医学用語を織り交ぜていけば良いと思います。

 

医学生はTOEFLをマイルストーンにする

 

マイルストーン mile stoneとは、日本では一里塚に相当するもので、イギリスでは1マイルごとにマイルストーンを置いて、例えば、自分がロンドンからどれだけ遠くに来たかがわかるようにしています。

 

英会話を勉強していくには、続けいていくための成長の目標とその過程の把握が必要になります。

 

医学生が英会話の成長を体感していくには、TOEFLが適当と思います。

 

TOEICでは?と思うかもしれませんが、TOEICでは日本や韓国だけが使っているだけで、海外留学にはなんの役にも立ちません。

 

せっかく、医学生として英会話・英語を勉強するのであれば、留学や研究費獲得の際に役立つTOEFLを学習してください。
TOEFLの試験を定期的に受けることで、自分のマイルストーンがわかるようになります。

 

医学生ならオンライン英会話「mytutor」で

 

英語のリスニングとスピーキングを強くしたいのなら、参考書で独学はありえません。
ナマのリスニングとスピーキングなら、オンライン英会話が最適です。

 

オンライン英会話のメリット
  • 料金
    通学型の英会話教室の数分の一と格安
  • 時間
    月~金 15:00~24:00 、 土・日 11:00~24:00と時間がとりやすい。
  • 場所
    自宅、学校、戸外とインターネットとパソコン、タブレットがあればどこでも。

 

医学生のためのオンライン英会話は、現在、次のスクールがあります。

 

 

マイチューターのMedicine 1&2 [医師、医療、医薬品

 

マイチューターの基本情報

  • 講師
    フィリピン人 29名
  • 主な料金(一般コース)
    毎月30回コース 13,980円
  • 無料体験レッスン
    2回

 

 

 

 

日常英会話に自信がない方は、いきなり職業別の医学生・医師用レッスンプログラムを受講しなくて、日常英会話を受講をおすすめします。
その後、医学生用プログラムに進んでください。

 

日常会話カリキュラム
料金 毎月8回コース 5,980円
他にも毎月12回、16回、20回、30回コースがあります。

 

マイチューターの職業別レッスンプログラム

 

Medicine 1&2 [医師、医療、医薬品]

 

将来、海外で働くことを計画している医師や医療専門家に必要な医療テキストを読むボキャブラリーを高め、患者や同僚と有効かつ正確に英語でコミュニケーションを図る能力を養います。

 

主な受講対象者
医学生、医師、医療関連職者、看護師 (中級~上級レベル)

 

オリジナル教材
会員登録後、マイページからダウンロードできるようになります。

 

料金
25分 50レッスン
29,800円

 

マイチューターのTOEFLプログラム

 

自分の英会話の成長度を把握するために、また、海外留学や研究費取得のためにもTOEFLを活用してください。

 

TOEFL スピーキング

全50レッスン~100レッスン
料金 29,800円~49,800円

 

TOEFL リスニング

全50レッスン~100レッスン
料金 29,800円~49,800円

 

TOEFL ライティング

全50レッスン~100レッスン
料金 29,800円~49,800円

 

マイチューターの無料体験レッスン

無料会員登録をすると無料体験レッスンを2回受講できます。

 

 

マイチューターの公式サイトはこちら

 

それでも「mytutor」の料金は高いなと考える医学生のために

 

高額な学費のためにそんなにお金を出せないという方もいらっしゃると思います。
医療系の英会話を学習するなら、「mytutor」一択ですが、それ以前の日常英会話から始めたい方には、もっと安いオンライン英会話がおすすめです。

 

私は、「レアジョブ英会話」か「DMM英会話」かのどちらかが良いと思います。

 

おすすめする理由は、どちらもオンライン英会話スクールの最大手でで講師数が多いからと料金が格安だからです。
必ずしも講師数が多くて料金が格安だからあなたにとって良いオンライン英会話スクールとは言えないのですが、ハズレの可能性は低くなります。

 

レアジョブ英会話

講師数 フィリピン人 4500人以上
料金 毎日25分プラン 月額7,322円

 

 

レアジョブ英会話の公式サイトはこちら

 

 

DMM英会話

講師数 世界60ヶ国以上 5000人以上
料金 毎日25分1レッスン 月額4,950円~

 

 

DMM英会話

 

レアジョブ英会話やDMM英会話でも料金がきつい医学生には

 

DMM英会話やレアジョブ英会話でも、月額 5,000円以上は料金がかかってきます。

 

これでも、料金が負担になると考える医学生には、1回きりで3,000円以下で英会話を勉強する手があります。

 

それは、CDやDVD付きの英会話本を購入することです。

 

CD・DVDがついている英会話の本の紹介は次の記事をご覧ください。

 

医学生のためのCD付英会話本


スポンサーサイト