スポンサードリンク

オンライン英会話 英検対策 比較しておすすめはここ選ぶ!

英検対策 オンライン英会話おすすめランキングと基本的な考え方

 

そこで、英検対策におすすめなスクールを、私なりの考えでランキングを付けて紹介します。

 

基本的なランキングの考え方は、まず、日常英会話メインではなく、英語の資格取得が得意なビジネス英会話がメインのスクールを優先します。

 

そこで、上がってくるのがベストティーチャー、産経オンラインです。

 

この2つでは、英検対策コースを対象別にきめ細かく提供するベストティーチャーの方が、1つの講座しかない産経オンライン英会話よりも上の1位だとランクづけしました。

 

それで、産経オンライン英会話は2位になります。

 

残り4つの内、3つが子ども専門スクールなので、日常英会話校であるkiminiオンライン英会話を3位にしました。

 

子ども専門スクールの3つの内、比較的講座数が4つと多いスモールワールドを4位、5位~6位はハッチリンクジュニアとヒューマンアカデミーです。

 

ヒューマンアカデミーは関東圏と関西圏しか利用できないので6位として、ハッチリンクジュニアを5位としました。

 

英検対策オンライン英会話スクールを比較して選ぶ具体的な方法

 

受講者が大人の場合

 

私なら、受講者が子どもでないならば、1位のベストティーチャー、2位の産経オンライン英会話、3位のkimini英会話3つの無料体験レッスンを全部受講してみます。

 

それで、自分の気に入ったスクールに入会します。

 

必ずしも1位のスクールが自分に合うかどうかわからないからです。

 

入会しても、後で自分に良くなければさっさと別のスクールに乗り換えます。

 

オンライン英会話は、月謝制で入会金なども基本無料ですから気軽です。

 

受講者が子どもの場合

 

4位のスモールワールド、5位のハッチリンクジュニアの無料体験レッスンをそれぞれ受講します。

 

どちらか気に入った方に入会します。

 

6位のヒューマンアカデミーランゲージスクールは、オンライン英会話レッスンと通学型英会話教室のミックス型であり、しかも教室が関東圏と関西圏に限定されているため、これらの点で可能な方のみ検討して下さい。

 

1位 
ベストティーチャーの英検対策コース
ベストティーチャーの英検対策は、それぞれのレベルで旺文社の英検対策シリーズをレッスンで使用します。
ベストティーチャーの英検対策の詳しいことはこちら

 

 

2位
産経オンライン英会話英検2次対策
産経オンラインの英検対策では、英検の2次試験と同じ形式でレッスンがあります。
産経オンライン英会話の英検2次対策の詳しいことはこちら

 

 

3位
kiminiオンライン英会話英検二次試験対策
kiminiオンライン英会話の英検二次試験対策では模擬体験レッスンを受けることができます。
kiminiオンライン英会話の英検二次試験対策の詳しいことはこちら

 

 

4位
スモールワールド英検対策
スモールワールドの英検対策コースでは、各コースに日本人の専任講師がいますので安心です。
スールワールドの英検対策コースの詳しいことはこちら

 

 

5位
ハッチリンクジュニアの英検対策
ハッチリンクジュニアの英検対策は日本人講師による英検対策教材を使ったレッスンです。
ハッチリンクジュニアの英検対策の詳しいことはこちら

 

 

6位
ヒューマンアカデミーランゲージスクールの英検対策講座
ヒューマンアカデミーランゲージスクールの英検対策講座では、2ヶ月で3級・4級レベルの力になるそうです。
ヒューマンアカデミーランゲージスクールの英検対策講座の詳しいことはこちら


スポンサーサイト