スポンサードリンク

オンライン英会話 e英会話のTOEIC対策

オンライン英会話の「e英会話」

e英会話の特徴

  • 1レッスンが他校より20%多い1回30分です。
  • 独自のレッスンシステムのe-roomを使用し、共有ホワイトボードなど教材を使うレッスンに最適です。
  • リスニングパートの音声もe-roomで再生できます。
  • 先生は個室の防音ルームでレッスンしますので、講師の背後からコケコッコーなど聞こえてきません。
  • レッスン料に独自教材の使用量が入っていますので教材の購入は不要です。

e英会話のTOEIC対策

 

50時間 TOEICマラソン
  • TOEICマラソンの教材は、模擬問題10回分 (標準学習時間100レッスン、50時間) から組み立てられています。
  • 実際の試験と同じような形式の問題に解答ができます。
  • TOEICのスコア向上には、どうやってできるだけ多くの問題に当たるかが不可欠なポイントです。
  • 数多くの問題を解答する実用的なレッスンでTOEICテストを把握しましょう。
  • 50時間を終えると、自分のTOEICスコアがビックリするほど変化します。

 

1回分のテキストの内容

 

リスニングセクション
(100問・目安110分) 会話やナレーションを聞いて設問に答えます。 

 

Part 1 写真描写問題 (10分)
1枚の写真に関して4つの短い説明文をヒアリングし、4つの中で、写真を最も的確に説明しているものを選択します。

 

Part 2 応答問題 (25分)
1つの質問または文章とそれに関する3つの答えをヒアリングし、設問に対して最も的確な解答を選択します。

 

Part 3  会話問題 (45分)
2人または3人の人による英会話をヒアリングし、設問と解答を読み、答えの中から最も的確なものを選択します。

 

Part 4 説明文問題 (30分)
アナウンスやナレーションのようなミニトークをヒアリングし、各トークを聞いて設問と解答を読み、答えの中から最も的確なものを選択します。

 

 

リーディングセクション (100問・目安190分)テキストの問題を読んで設問に解答します。

 

Part 5 短文穴埋め問題 (25分)
不充分な文章を完成させるために、解答の中から最も的確なものを選択します。

 

Part 6 長文穴埋め問題 (25分)
不充分な文章を完成させるために、答え(英単語やフレーズまたは一文)の中から最も的確なものを選択します。

 

Part 7 1つまたは複数の文書 (140分)
様々 な文章を見て設問を読み、答えの中から最も的確なものを選択します。

 

授業の進め方(一例)

  1. 小手調べをかねて、相互に知ることを目的として自己紹介や最近あった事などを話します。
  2. TOEICレッスンを開始し、1問ずつ問題を解いていき、答えを講師に話し、すぐに答えあわせをします。
  3. 答えが間違っていた時は、他の選択肢との違いを理解するため、講師の説明を聞きましょう。
  4. レッスンの後半部分で今日の復習をします。

 

e英会話オリジナルテキストの特徴

  • TOEIC990点満点を取得した方が監修しています。
  • ネイティブの2名による確認済みです。
  • 新形式の問題に即応した良いな問題集です。
  • リスニングパートの音声には、ネイティブの米国人の音声を使用しています。

 

e英会話の料金について

  • レッスンは1回30分です。
  • 料金はオリジナルテキスト代込みです。
  • 月謝料金は全て税込です。
  • 月4回プラン  4,800円
  • 月8回プラン  6,800円
  • 月15回プラン  9,800円
  • 月30回プラン 15,800円
  • 月60回プラン 19,800円

 

体験レッスンについて
  • e英会話には、無料体験レッスンが1回用意されています。
  • その他には、3回特別コースが用意されていますが、受講料として980円必要です。

e英会話の3回特別コースの申込みはこちら

 

e英会話の公式サイトはこちら

 

オンライン英会話の「e英会話」

 

講師 主な料金 無料体験
レッスン
フィリピン人
60名くらい
月15回プラン
9,800円
1回

スポンサーサイト