オンライン英会話への支払い方法

オンライン英会話への支払い方法

オンライン英会話の無料体験も終わり、次のステップは有料プランを決めることになります。

 

自分の英会話の目的や経済事情も考えてどの有料プランにするかを決めるといよいよ料金の支払いになります。

 

ここで、思い出してほしいのはオンライン英会話は、インターネット上のバーチャルな空間にあり、街角の通学型英会話教室とは異なり、日本全国どこにも教室はありません。

 

じゃ、どこで支払いをすればよいのでしょうか?

 

これは、楽天市場やアマゾンなどと同じような支払いになり、次のような種類があります。

  1. クレジットカード
  2. ペイパル
  3. 銀行振込
  4. コンビニ支払い
  5. 口座自動振替

次に、以上の5つの支払い方法について解説しましょう。

 

クレジットカード

 

オンライン英会話でのクレジットカード支払いのメリットは、1ヶ月単位の支払いが可能になることです。

 

銀行振込では、基本的にはスクールとの契約は3ヶ月単位になります。

 

しかし、クレジットカードの支払は、コスト面から大手スクールのみが多く、中小のスクールではできないことが多くあります。

 

また、スクールによっては、自動的なレッスン料金の引き落としをするところが多く、規定期間中に退会手続きをしておかないと退会してからも料金の引き落としをされかねませんので注意してください。

 

無料体験レッスンも、ネイティブキャンプなどは、会員登録時にクレジットカードの番号を入力すると無料体験レッスン終了後、自動的に有料プランに移動するところもあります。

 

メリット

  • 支払い確認がすぐにできます。
  • 1ヶ月単位の料金を支払うことができます。

デメリット

  • 大手スクールのみで、中小のスクールでは使えないことが多いです。
  • 無料体験レッスン後にも自動的に有料プランに移行することがあります。
  • 各月自動引落になっている場合は、退会の意思表示を規定通りにしていないと、思ってもいない引き落としになることがあります。

 

ペイパル PayPal

あまり知られていませんが、世界最大のオンライン決済サービスがPayPal ペイパルです。

 

クレジットカードは大変便利ですが、残念なことに中小のオンライン英会話スクールでは、コストがかかることから取り入れていないところが多くあります。
そこで、これらのクレジットカードがないスクールでは、ペイパルを通じてのクレジットカード払いです。

 

通常のクレジットカードの支払と異なるのは、スクールと受講生の間にアメリカのeBayと言う会社が運営しているPayPalが仲立ちして支払いを行うということです。
つまり、PayPalが入ることで、VISA、Master、JCB、AMEXなどのクレジットカードが使えるようになります。

 

また、クレジットカードの番号などは、スクール側に伝わらないので安全性も高まります。

 

なお、支払い手数料もスクール側が負担しますので受講生は負担せずにすみ、クレジットカードのポイントや特典も受講生側に付きます。

 

オンライン英会話の支払い方法としては、ペイパルがベストと思いますが、何しろあまり知られていず、理解されていないのが難点です。
スクールによっては、ペイパルで支払い方などの相談にものってくれるようです。

 

メリット

  • 中小のオンライン英会話スクールでも取り扱っているところがある。
  • クレジットカードの番号などがスクール側に知られない。
  • クレジットカードのポイント、特典などが使える。

 

デメリット

  • クレジットカードが必要であることとさらにペイパルのアカウントを取る必用がある。
  • あまり知られていないシステムなので、使い方がよくわからない。
  • 自動引落しの場合は、無料体験レッスン後や退会時に注意しなければならないのはクレジットカードと同じです。

 

銀行振込

 

 

オンライン英会話の支払い方法として、最もメリットがないのが銀行振込と言えると思います。
なぜなら銀行振込の場合は、3カ月の料金をまとめて支払うことがほとんです。

 

また、振り込んでも入金の確認に数日かかることがあり、スクール側が確認できるとレッスンが受講できるようになります。

 

逆に、クレジットカード支払いでは、1ヶ月単位の支払いが可能です。

 

特別な理由がない限り、銀行振込ではなく、クレジットカードやペイパルによる支払いをされることをおすすめします。

 

メリット

  • ほとんどありません。

 

デメリット

  • 3ヶ月前払いになる
  • 銀行で手続きしなければならない。

 

コンビニ決済

 

 

全国に展開している主要なコンビニ店でオンライン英会話スクールの料金を支払うことができます。
ただし、コンビニ決済に対応しているスクールはDMM英会話などでまだまだ少ないの実情です。

 

コンビニ決済とは、オンライン英会話スクールに申込むと、決済用の番号やバーコードが送られてきます。
受講者は、これをコンビニに持参すると、コンビニにより多少異なりますが、番号やバーコードを入力し代金を払うスタイルです。

 

この方法だと、クレジット・カードの番号をスクール側に知らせないのでセキュリティでも安心です。

 

また、DMM英会話では、DMMポイントのプリペイドカードをコンビニで販売しています。
このカードは、色んな方法でチャージすることができて便利です。

 

メリット

  • クレジット・カードを使わないので、番号等がスクールに知られずにすむ。

 

デメリット

  • 対応するスクールが少ない。

コンビニに行く必用がある。

スポンサードリンク

関連ページ

モンテッソーリ教育の英語本や教材
将棋の天才、藤井四段の集中力を育てたモンテッソーリの英語の本や教材を紹介します。
駅前留学 通学型英会話教室 NOVAの復活
駅前留学で名を馳せた英会話教室NOVAが復活しています。
オンライン英会話の習慣化
オンライン英会話の学習を習慣化し英語や英会話を楽しくしましょう。
ラジコと英会話ラジオ番組
英会話を上達するためのラジオ番組がパックンマックンのワールドで行こう!です。 ラジコで聞きましょう。
オンライン英会話アプリ比較
オンライン英会話スクールのアプリを比較します。
英語辞書無料アプリ
オンライン英会話や英語学習で必要なのが辞書です。無料の英語辞書アプリを比較紹介します。
ターゲットの友アプリ
NHK朝の情報番組「あさイチ」で紹介された「英単語ターゲット1900」応援アプリ「ターゲットの友」です。
オンライン英会話の料金が安い理由
オンライン英会話スクールに払う費用や料金が安い理由を説明しています。
オンライン英会話の効果が上がる3つの方法
オンライン英会話で効果が上がる3つの方法を説明しています。
英語がダメならオンライン英会話
日本jンが英語・英会話を話せない原因と取り除くためのオンライン英会話
オンライン英会話用語集
オンライン英会話の用語などを解説する用語集です。
ベルリッツがオンライン英会話進出
ベネッセ傘下のベルリッツがオンライン英会話に進出します。業界は、ライザップイングリッシュの高級路線と格安に2極化
オンライン英会話の歴史
オンライン英会話の歴史について

 
プロフィール 無料体験比較 料金比較 DMM英会話