オンライン英会話の用語集

オンライン英会話の用語集

あいうえお順

 

アプリ

アプリとは、アプリケーションの略でスマホなどにインストールして使う様々なソフトウェアのことです。
スマホやタブレットの画面などに小さなアイコンで表示されることが多く、ゲーム、メール、カレンダー、音楽プレーヤーなどアプリのアイコンをクリックするとすぐに起動して使えるようになるという便利なものです。
オンライン英会話では、DMM英会話の英語学習支援アプリの「iKnow」、レアジョブ英会話の各種アプリ、EFイングリッシュライブの各種アプリ、ネイティブキャンプのアプリなどがあります。
オンライン英会話に直接関係はないのですが、英語学習用のアプリもあり、英語辞書無料アプリ、NHKの「あさイチ」で紹介されたターゲットの友アプリなどが有名です。

 

 オンライン英会話アプリ比較

 

ウェブカメラ WEBカメラ

ウェブカメラとは、インターネット用のビデオカメラのことを言います。
オンライン英会話で使用するウェブカメラは、パソコンなどにUSB端子で接続し、撮影した映像をリアルタイムに別なパソコン等に転送できるものです。

この場合は、別途購入の必要があります。
また、ウェブカメラによっては、ノートパソコンなどでは本体に内蔵されています。
スマートフォンやタブレットでは、最初からカメラが内蔵されていますが、あれもウェブカメラと言えます。
多くのオンライン英会話では、無料の音声ソフトスカイプによりウェブカメラで撮影された音声‥画像を講師に届けます。
あなたの声や表情が講師も見ることができるのです。
同時に、講師側のウェブカメラにより、あなたのパソコンの画面に講師の映像が映し出されます。

 

 スカイプ用Webカメラの選び方

 

英検

英検とは、正式には「実用英語技能検定」と言い、公益財団法人日本英語検定協会が実施している英語技能の検定です。
この資格を持っていると、学校や企業で評価されますが、日本国内だけの資格でTOEICほど世界的には通用しません。
また、TOEICなどと異なるのは、合格不合格があることです。
英検は、「級」があってそれぞれ技能が違います。

  • 5級   中学初級程度
  • 4級   中学中級程度
  • 3級   中学卒業程度
  • 準2級 高校中級程度
  • 2級   高校卒業程度
  • 準1級 大学中級程度
  • 1級   大学上級程度

英検の合格実績は次のようなことに利用できます。
就職の時の英語力の照明
大学や高校などでの成績評価
日本国内の一部の大学・大学院等受験で利用
アメリカ、オーストラリア等の一部の高校・大学への留学のための英語力の証明
通訳案内士(ガイド)試験など、一部資格・認定における外国語(英語)の試験免除

 

 レアジョブの英検対策 中学・高校生コース

 

英語・英会話の目的

英語や英会話を勉強する目的は個人個人によって異なります。
単に英語を話すようになりたい、英会話ができるようになったら素敵だなという方もいます。
もちろんそれはそれでいいと思うのですが、このような目的だとなかなか続けられずに挫折する方も中にはいます。
続けていくためにも、漠然と英語が上手になりたいということに加えて、もう少し具体的な目標を持つことをおすすめします。
例えば、英語や英会話ができることが自分の利益になるようなことです。
利益とは、経済的な意味だけではなく、文化的、ライフスタイルなどが豊かになることです。
英語ができるようになると、入試に有利、会社内での昇任や海外で活躍できる、好きな洋画を字幕無しで見ることができる、海外旅行が楽しくなるなどいろいろなメリットが出てきます。
この自分にとって、英語や英会話がどんなメリットになるかを考えてください。
メリットが具体的になればなるほど英会話や英語の学習が続けやすくなり、効果も上がってきます。
オンライン英会話は、この目的・メリットを達成するための一つの手段に過ぎません。

オンライン英会話

オンライン英会話とは、インターネット上で、無料の音声通話ソフト「スカイプ Skype」を使って英会話のレッスンが受講できるサービスです。

メリット
  • 通学型の英会話教室よりも圧倒的に安い料金
  • 自宅などインターネットが接続環境であればどこでも
  • 早朝から深夜までと時間的制約が少ないこと
  • 料金の割にはマンツーマンレッスンが多いこと
デメリット
  • 講師がネイティブではなくフィリピン人など非ネイティブが多く、発音になまりが入りがち
  • 講師が毎回変わること(これは逆にメリットかも)
  • ネット環境によりレッスンの音声等がぶつぶつきれることがある

 

 講師数が多いスクールTOP10

 

カランメソッド

ウィキペディアにも掲載されていないカランメソッドとは、英語、英会話習得法の一つです。
特長は、驚異的なスピードで英語が口から反射的に出てくるというもので、4倍のスピードで英会話が習得できるものとしています。
1960年にイギリスのベルリッツで教えていたMr.Robin Callanが考案したもので「カランメソッド」は、世界30ヶ国、500校程が導入しています。
日本人が苦手とするスピーキング能力を向上させます。
カランメソッドの最大の特徴は、リスニングだけでレッスンが進むことです。
レッスン中はテキストを見ることができず、ネイティブのスピードで話す講師の質問を瀬全て聞き取れるようにトレーニングされます。
とにかくスピード感が重視され、英語の質問を日本語に訳して考える間も与えずに、反射的に英語で応えられるようにします。
カランメソッドを導入しているオンライン英会話では、QQイングリッシュネイティブキャンプなどが有名です。

キャンペーン

キャンペーンとは、企業が行う販促活動の一つです。
オンライン英会話スクールも、販促活動としてキャンペーンを行っています。
オンラオン英会話の場合、第一には新規会員獲得が主な目的になります。

キャンペーンでおこなうものは、無料体験レッスンの回数を増やす、レッスンの料金を割り引く、新規会員紹介者にキャッシュバックする、レッスンチケットのプレゼントなどです。
DMM英会話やレアジョブ英会話など比較的大きなオンライン英会話スクールが行う傾向があります。

 

最新キャンペーン情報

 

銀行振込

ペイパル(クレジットカード)と銀行振込がオンライン英会話スクールのレッスン料支払いの主な支払い方法です。
銀行振込は、レッスン料を銀行から振り込むことですが、オンライン英会話に限っては、最もお得感が少ない支払い方法です。
クレジットカード、ペイパルなら、普通1ヶ月毎のレッスン料支払いになりますが、銀行振込の場合はたいてい3ヶ月分を前払いとなります。
なぜ、3ヶ月分前払いになるのかは分かりません。
また、クレジットなら入金確認が直ぐにできますが、銀行振込は2,3日かかり、レッスン開始もスクールが入金確認してからになります。
絶対にクレジットカードの番号等を知られたくない場合など特別な理由がない限り、銀行振込はやめときましょう。

クレジットカード

クレジットカードとは、VISA、マスターカード、JCB、アメリカンエクスプレス社などが発行しているカードで、現金の代わりに提示すると支払いができます。
クレジットとは、英語で後払いのことを意味しており、決済は後日されます。
また、一回払いでも分割払いでも支払いができます。
オンライン英会話のスクールでも、料金をクレジットカードで支払うことができますが、大手のスクールに限定され、中小のスクールではコスト面からあまり使われていません。
また、自動的に月額料金の支払いが更新されることや退会時のタイミングによっては、意図しない支払いが行われることもあり注意が必要です。
中小のオンライン英会話スクールでは、ペイパル PayPalが利用されることもありますが、これは受講者とスクールの間にペイパルが仲立ちし、クレジットカードを利用するものです。

 

 オンライン英会話の支払い方法

 

グループレッスン

グループレッスンとは、オンライン英会話などで2人以上でレッスンを受けることです。
1人だけでレッスンを受講することは、マンツーマンレッスンと言います。
通学型英会話教室では、グループレッスンが普通で6名程度で一緒に一人の講師からレッスンを受けています。
むしろマンツーマンレッスンは、料金も非常に高額になりよほどのことがない限りグループレッスンです。
しかし、オンライン英会話では、逆にマンツーマンレッスンが普通で、グループレッスンは主流ではありません。
オンライン英会話では、講師が日本国外のフィリピン人などですから、人件費が非常に安くなること、自宅でのパソコン等を使用するのでグループレッスンにはハード的に不向きであることが主な理由です。
オンライン英会話でも、ECCウェブレッスンなどでは通学型英会話教室とオンライン英会話の混合型ですから、グループレッスンを主流としているところもあります。

 

 ECCウェブレッスン

 

子ども向けオンライン英会話

子ども向けオンライン英会話とは、子どもを対象とするオンライン英会話スクールのことです。
子どもとは、概ね3歳の幼児から高校生くらいを対象とします。
小学生は、本来、英語教育はなされていませんでしたが、近年、文部科学省が低学年化を加速させており、2020年度には「小学3年生からの必修化」、「小学5年生からの教科化」が完全実施されます。
中学生や高校生は、TOEICで高スコアを取ると、内申などに考慮されたり、入試の時に有利となることがあリます。
このようなことから、今後も子供の英語、英会話の需要はますます大きくなるものと思われます。
子供専用オンライン英会話スクールは、リップルキッズパーク、hanasokids、スモールワールド、kidsStarEnglish、グローバルクラウン、ヒューマンアカデミーランゲージスクールなどがあります。
また、DMM英会話、レアジョブ英会話などでも子ども用の教材を用意しています。

 

 子どものためのオンライン英会話比較

 

コンビニ支払い

コンビニ支払いとしていますが、コンビニでプリペイドカードを購入するということです。
私の知る限りでは、DMM英会話が実施しています。

DMMポイント決済という支払いです。
DMMポイントとは、DMMで使えるプリペイド式支払方法です。
DMMオンライン英会話以外にも、いろんなDMMのサービスで使用できます。
各種決済方法でチャージしたり、クレジットカード1%ポイントバックなどで入手できます。
DMMプリペイドカードには、2000円、5000円、10000円、バリアブル(2000円〜50000円)の種類があります。
全国の主要なコンビニで購入することができます。
使い方は、カードの裏側にある銀色でマスクされた部分をコインなどでこすると文字が出てきます。
あとは、次の手順で使えるようにします。

  1. DMMへログイン
  2. 右上の「マイページ」メニューから「お客様情報」をクリック
  3. お客様情報の左メニューの「DMMポイント」をクリック

DMMポイントは、上記メニューからチャージもできます。

 

 オンライン英会話支払い方法の比較

 

支払い方法

オンライン英会話スクールへの支払い方法には次の種類があります。

  • クレジット・カードによる決済
  • ペイパルによる決済
  • 銀行振込
  • コンビニ決済
  • ビットキャッシュ払い

ほとんどのオンライン英会話スクールでは、クレジットカード、ペイパル、銀行振込の支払い方法が使えます。

 

 オンライン英会話の支払い方法

 

職業別オンライン英会話

職業別に必要とされる英会話、英語があります。
インバウンド、訪日外国人の増加や地域に定住する外国人が多くなるに連れて、これらの外国人が観光や生活をする上で多くの企業、役所、商店、交通機関などを訪れます。
このような場所では、コミュニケーションのために接客英会話、英語を話すことが必要になります。
接客する職員、スタッフは、独学、通学型英会話教室などで英会話を学習しますが、その一つの方法がオンライン英会話です。
オンライン英会話スクールの全部が、職業別英会話のコースがあるわけではありません。
職業別英会話コースが充実しているのが産経オンライン英会話です。
産経オンライン英会話には、小売店、レストラン、鉄道、郵便局、タクシーの職業別位英会話の教材があります。
マイチューター mytutorには、接客ではありませんがマーケティング・広告、医師・医療・医薬品、製薬・医薬品業界、会計・経理、法律専門家、金融、科学技術、商業、観光・旅行・ホテル、客室乗務員などのテキストがあります。

 

 オンライン英会話 職業別英会話コース比較

 

シニア・シルバーエイジ向けのオンライン英会話

シニア、シルバーエイジ向けのオンライン英会話とは、概ね50歳以上を対象とするオンライン英会話です。
オンライン英会話は、世代別としては、幼児、子ども、小学生、中高校生、大学生、社会人向けとありますが意外とシニア、シルバーエイジ向けのオンライン英会話はそう多くはありません。
シニア、シルバーエイジは、高齢化の進展に伴い、これからもますます増加するものと思われますが、このマーケットにはあまりオンライン英会話スクールは興味が無いようです。
その理由は、シニア世代はITの知識に疎く、インターネットを操作できないのではないかと思われているようです。
しかし、シニア世代はだんだん、ガラケー携帯からスマホに移行し、タブレットやパソコンなども操作できる人が増えています。
また、生きがい対策や自由になる時間が多くなることから、これから海外旅行、クルーズなどにも出かけるようになり英会話の需要は決して少なくないと思います。
オンライン英会話スクールの中で、唯一、シニア専門スクールとしているのが「大人の英会話倶楽部」です。
その他のDMM英会話、レアジョブなどではシニア向きのコース、教材などは手がけていません。

スカイプ Skype

スカイプは、パソコンなどの無料で使える音声通話ソフトです。
スカイプ相互なら、世界中のどこへでも無料で通話チャットが出き、Webカメラがあればビデオ通話も可能です。
オンライン英会話スクールの大部分は、このスカイプでレッスンを行いますので、スカイプ英会話とも呼ばれることがあります。
スカイプは、大変便利なパソコンのツールですが、ダウンロードしてインストール、設定の必要があり、オンライン英会話のレッスン受講にもスカイプ操作の知識が必要となります。
なお、オンライン英会話スクールのネイティブキャンプは、珍しくスカイプを使用しません。

 

 オンライン英会話初心者のSkype最低知識

 

接客英会話

接客英会話とは、商店などお客に対して使う英会話のことです。
インバウンド、訪日外国人の増加や2020年の東京オリンピックを控えて今後、ますます需要が増加する英会話の種類だと思います。
英会話には、ビジネス英会話というものがありますが、その中に職業別英会話とあり接客英会話はその下に位置するものです。
具体的には、小売店、ショップ、コンビニ、レストラン、飲食店、駅などの交通機関施設、タクシー、医師、看護職員、郵便局などの店員、職員、スタッフが接客する時に使う英語です。
基本的には、パターンを覚えれば役に立ちますが、イレギュラーなことが発生すれば、相手のしたいこと、知りたいことなどの確認ができ、こちらの意思を伝える程度の英会話力も必要となります。
特に、リスニング能力が大切ですが、オンライン英会話はこれに非常に役立ちます。
オンライン英会話スクールでは、産経オンライン英会話、マイチューターなどに接客英会話のコース、教材があります。

 

 職業別英会話一覧

 

通学型英会話教室

通学型英会話教室とは、私の造語で、ウィキペディアでは「英会話教室」として掲載されています。
オンライン英会話は、主に自宅等で英会話のレッスンが可能となっており、あえて街角の英会話教室を通学型英会話としてイメージしやすくしています。
通学型英会話教室は、英会話を教える塾の一種で1980年代に急速に日本各地にできました。
教室の中では、2名から6名程度のグループレッスンが主となっており、マンツーマンもあるにはありますが、料金が非常に高くなる傾向があリます。
料金も、月謝制ではなく、入学金を払って入会すると、受講チケットやポイントを購入して、レッスンに応じてチケットやポイントを使うと言ったことが多く行われています。
駅前留学のノバ、イーオン、ECC英語学院などチェーン化した英会話教室が多く、転居してもその土地の系列教室で引き続き受講することができるようです。

最近、通学型英会話教室の欠点、料金が高い、早朝や深夜は閉じている、教室が遠いなどを補う形でオンライン英会話が盛んになってきています。

TOEIC

TOEICとは、Test of English for International Communicationの略で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストとされています。
TOEICは合格不合格と言った概念ではなくて、10点から990点までのスコアが付けられます。
このスコアは、統計処理がされており、能力に変化がない限りスコアも一定に保たれています。
TOEICは、英検とは異なり、世界150カ国で行われていますので、グローバルスタンダード、つまり世界基準となっています。
メリットは、企業では新入社員の英語能力測定、海外出張や駐在の基準、昇任昇格の要件とするところがあります。
学校では、英語課程の認定基準、推薦入試基準に使うところがあります。
つまり、企業でも学校でも、TOEICの高スコアを持っているとかなり有利なことがわかります。
オンライン英会話のスクールでも、この重要性から、TOEIC試験対策の教材、テキストそしてコースを揃えています。

 

 TOEIC対策ならDMM英会話、レアジョブ英会話などで

 

TOEFL

TOEFLは、Test of English as a Foreign Languageの略称で、外国語としての英語のテストということです。
アメリカのNPOであるEducational Testing Serviceが主催しています。
非英語圏の出身者だけを対象としていて、英語圏の高等教育機関入学希望者の外国語としての英語力を判定するのに使われています。
オンライン英会話では、ベストティーチャーがTOEFL iBT(R)対策コースとTOEFL JuniorR Comprehensive対策コース、EFイングリッシュライブがTOEFL対策コースなどをしています。

日商ビジネス英語検定

日商ビジネス英語検定とは、日本商工会議所及び各地の商工会議所が実施しているビジネス英語の検定試験です。
ビジネスマンなら、TOEICだけではビジネス上のコミュニケーションには物足りません。
商社、外資系企業、貿易関連会社に就職をしようとするなら、ビジネスの実践的な英語力を具体的に証明してくれますので、採用条件として有利に働くことがあります。
試験は、インタネットで実施されています。
レベル別に、1級、2級、3級と試験が区別されています。
1級は、海外取引経験があり、英語でコミュニケーションが十分に取れる方向けです。
2級は、就職前や就職後1〜2年のレベルの方が対象です。
3級は、就職前に身につけるべき英語を求める方レベルが対象です。

ネイティブ Native

ネイティブ、Nativeとは、いろいろな意味がある単語ですが、オンライン英会話では、通常、英語を母国語とする人、英語が第1公用語である国の講師を指しているようです。
オンライン英会話では、コスト削減の意味からフィリピン人やボスニア・ヘルツゴビナなどの東欧の講師を採用するところが多くあります。
オンライン英会話の料金が通学型英会話教室よりも安い理由がこれで、フィリピンや東欧などに住んでいる人をオンラインで結べば、人件費、事務所費などが安くなります。
ただ、フィリピン人などでは独特のなまりがある人も多い傾向にあります。
逆に、ネイティブ、つまり英米圏の講師のレッスンを提供することで、日本人の欧米指向や発音のなまりの心配する人に受け入れられやすくなります。
講師のコストが高くなるためかその分、料金も上昇します。
ただ、ネイティブであっても、それぞれ方言もありますし、全てがクイーンズイングリッシュを話すわけでもありません。

 

 ネイティブ講師のいるスクール比較

 

ペイパル PayPal

ペイパルとは、決済サービスの一つです。
世界では、1億5000万人が利用しています。
日本ではまだまだ知られていませんが、海外ではかなり普及しています。
基本的には、買物などで購入した人と商店の間に入って仲立ちをするようなシステムです。
クレジットカードは、実は、小さな商店などにとってコストがかかり簡単にはクレジットカードで決済することができないことがあります。
そこで、消費者はペイパルに支払い、次にペイパルが商店に支払うと言ったものです。
消費者は、クレジット・カードの番号等はペイパルに知られますが、商店にはその情報は行きません。
また、消費者はクレジットカードのポイントや特典も受けられます。
商店は、クレジット・カードよりもかなり安いコストでペイパルから代金が入ってきます。
オンライン英会話では、クレジットカード決済は少なく、ペイパル決済の方を利用するスクールが多くあります。

ヘッドセット

ヘッドセットとは、イヤホンとマイクが一緒にセットされているもので、コールセンターのスタッフなどが頭に着けているものです。
話すことと聞くことが一つの機器でできるうえ、両手が自由になりますのでキーボードを打つのにも便利です。
パソコンとはUSB端子で接続するタイプが便利です。
オンライン英会話では、必ずしも必要ではありません。
ウェブカメラを装着すれば、マイクはウェブカメラに付属していますし、音声はパソコンのミニプラグ端子からとれます。
ただ、より音声を明瞭に聴くためにはヘッドセットは良いかもしれません。
1,000円〜5,000円程度で購入できます。

 

 スカイプ対応ヘッドセットを比較しながら選ぶ

 

マンツーマン

マンツーマンとは、講師と受講者1対1で受講することです。
対語としては、グループレッスンがあります。
通学型英会話教室では、グループレッスンが普通で、1名の講師に2名から6名程度でレッスンが行われます。
マンツーマンレッスンも英会話教室でも行われていますが、非常に高額の料金になります。
一方、オンライン英会話スクールでは、基本的にレッスンはマンツーマンで行われます。
これは、パソコンとWebカメラ等でレッスンが行われるため、ハード的にグループレッスンはしにくいことと、フィリピン人講師等と人件費が格段に安いためです。
マンツーマンの方が、発言回数も多くなり効率的ですが、息を抜くヒマがなく辛いこともあります。
グループレッスンでも、間違えると恥ずかしいといった面があります。

無料体験レッスンについて

無料体験レッスンとは、オンライン英会話スクールで提供されている集客促進のために提供されている無料で受講できるレッスンです。
通常、2回のレッスンが普通ですが、1回や期間を定めて数回としているところもあります。
無料体験レッスンを受講するには、希望するオンライン英会話の公式ホームページにアクセスします。
ホームページの中に、「無料体験はこちら」などと表示されているバナーがありますのでこれをクリックします。
無料新規登録ページに移り、登録フォームに氏名、メールアドレスなどを入力し新規登録をすると、そのご無料体験レッスンが予約できるようになります。
この時、クレジット・カードの情報を入力しなければならないスクールには注意が必要です。クレジット・カードの情報は求められないのが普通です。
レッスンは、概ね25分程度です。
NativeCampについては、無料体験レッスン後、自動的に有料プランになり課金されますので注意が必要です。

 

 無料体験レッスン比較

 

スポンサードリンク

関連ページ

モンテッソーリ教育の英語本や教材
将棋の天才、藤井四段の集中力を育てたモンテッソーリの英語の本や教材を紹介します。
駅前留学 通学型英会話教室 NOVAの復活
駅前留学で名を馳せた英会話教室NOVAが復活しています。
オンライン英会話の習慣化
オンライン英会話の学習を習慣化し英語や英会話を楽しくしましょう。
ラジコと英会話ラジオ番組
英会話を上達するためのラジオ番組がパックンマックンのワールドで行こう!です。 ラジコで聞きましょう。
オンライン英会話アプリ比較
オンライン英会話スクールのアプリを比較します。
英語辞書無料アプリ
オンライン英会話や英語学習で必要なのが辞書です。無料の英語辞書アプリを比較紹介します。
ターゲットの友アプリ
NHK朝の情報番組「あさイチ」で紹介された「英単語ターゲット1900」応援アプリ「ターゲットの友」です。
オンライン英会話支払い方法
オンライン英会話スクールへのクレジットカード、ペイパル、銀行振込、コンビニなどの支払い方法についての説明です。
オンライン英会話の料金が安い理由
オンライン英会話スクールに払う費用や料金が安い理由を説明しています。
オンライン英会話の効果が上がる3つの方法
オンライン英会話で効果が上がる3つの方法を説明しています。
英語がダメならオンライン英会話
日本jンが英語・英会話を話せない原因と取り除くためのオンライン英会話
ベルリッツがオンライン英会話進出
ベネッセ傘下のベルリッツがオンライン英会話に進出します。業界は、ライザップイングリッシュの高級路線と格安に2極化
オンライン英会話の歴史
オンライン英会話の歴史について

 
プロフィール 無料体験比較 料金比較 DMM英会話